2013年度後期の課題募集のお知らせが出ました。

締め切りは

S2型、G型、P型 各課題:平成25年5月13日(月)13:00 時間厳守

となっております。

実験課題申請用Webページ
https://pmsweb.kek.jp/k-pas/
公募要項
http://uskek.kek.jp/apply/pf.html

また、XAFSに関連するBLの変更点として、BL4A、BL7C、BL15に関しての情報も公開されていますのであわせてご確認ください。

BL-4A
複多層膜分光器を用いた実験は2013年末をもって停止の予定です。
BL-4Aにおける多層膜分光器を用いた共同利用実験の新たな応募はできません。
http://pfwww.kek.jp/whats_new/announce130405_BL4A.html

BL-7C
今後、XAFS関係の実験は実施しませんのでご注意ください。
現在有効な実験課題は他の実験ステーション(BL9A、BL9C、BL12C)で受け入れる予定です。
http://pfwww.kek.jp/whats_new/announce130405_BL7C.html

BL-15
BL-15B1、BL-15B2、BL-15Cは2013年3月に閉鎖しました。現在有効な実験課題は他のステーションで受け入れる予定です。
短周期アンジュレータを光源とするビームラインを2013年に建設し、高分子フィルムや生体膜などの多様な膜構造、天然物や工業材料など不均一な分布をもった物質構造を複合解析手法(SAXSやXAFS/XRF など)により解明する研究を推進する予定です。
2013年10月以降に立ち上げ・調整を行い、その後一般のユーザー運転となります。
改造後は、BL-15A1、BL-15A2がタンデムに設置され、それぞれXAFS関係実験、SAXS関係実験などを実施する予定です。
※新規課題の募集に関してはただいま調整中です。決まり次第お知らせいたします。