産業利用

PFでの産業利用

PFでは産業利用目的での放射光利用も受け付けています。いくつかの利用方法を用意しており、目的にあった利用方法を選択していただくことになります。どの利用方法を選べばよいかわからない場合は、PF産業利用窓口 pfkyoyo[at]pfiqst.kek.jp もしくはビームライン担当者に直接お問い合わせください。XAFS利用の場合はこのWebのお問い合わせフォームもご利用いただけます。

産業利用の種類

施設利用

ビームタイム(マシンタイム)を購入していただき、その時間内において実験を行っていただくプランです。得られた成果は非公開にできます。通常の実験が実施できるようにビームラインの準備はビームラインスタッフが行いますが、実験や解析のお手伝いは原則サポートいたしませんので、ご自身で行っていただくことになります。
利用料金は

  • ¥27,300/1時間 (通常のビームライン)
  • ¥53,550/1時間 (アンジュレータを光源とする高性能ビームライン)

となっており、1時間単位で申請できます。

契約の窓口はKEKの産学公連携・知財係となります。
詳しくはこちらでご確認ください。

共同研究

KEKの職員と民間の研究者が共通の課題に対して対等の立場で取り組む研究契約です。成果は基本的に公開で、得られた知見はKEKと共有することになります。(契約内容による)
共同研究の場合には1名以上を共同研究研究員として登録していただくことになります。その際に研究料を納付していただきます。

  • ¥216,000 (研究期間が6ヶ月以内の場合)
  • ¥432,000 (研究期間が6ヶ月を超える場合)

共同研究契約は最大1年間で、年度ごとに更新が必要です。
ビームタイムの確保や実験設備の準備は共同研究契約を結んだKEKの職員が中心となって行います。実験の実行や解析は共同作業となります。

共同研究を実施するには双方の研究者の合意が必要となりますので、直接研究者とコンタクトを取って、実施するかどうかを決定してください。
契約に関する窓口はKEKの産学公連携・知財係となります。
詳しくはこちらでご確認ください。

産業利用促進運転日(産促日)について

PFでは産業利用の促進を目的として、従来の機構の予算による運転に加えて施設利用等の利用料収入による放射光加速器運転を実施します。
この方法で運転を行なうことで、年間数日間以上の加速器運転時間の延長が可能と見込んでいます。
有償施設利用を行わないステーションでは一般課題(G課題等)の実験が実施されます。
これにより、PF全体として、大学共同利用を圧迫することなく企業等による施設利用の時間の確保につながると考えております。

HX-XAFSビームライン(物質化学グループ管理のビームライン)
での産促日の運用状況

産促日ビームタイムの空き状況

こちらで確認できます(Googleカレンダーにリンクします)

対象ビームライン (PFのHX-XAFSビームライン)
  • BL-9A
  • BL-9C
  • BL-12C
  • BL-15A1
    (PF-AR NW2A, NW10Aは対象外です)
利用申し込み方法

受付中。随時お申し込みが可能です。

対象の利用制度
  • 一般施設利用(Y課題相当)
  • 優先施設利用(V課題相当)*1
    *1 優先利用は、「国等が推進するプロジェクトにより採択された研究課題」および「科学研究費助成事業(科研費)による研究課題」で利用が可能です。
    利用制度の詳細は、下記WEBをご参照下さい
    https://www.kek.jp/ja/ForBusiness/Cooperative/UsingFacility/

その他のビームライン・産促日の制度等については、物構研のWEBをご参照下さい。

光ビームプラットフォーム

光ビームプラットフォームは、文部科学省先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業に基づいて国内の先端研究施設ネットワークを形成し、産学官の皆様による施設のご利用をより一層推進しようする新しい枠組みです。 目的別に最適な施設を紹介するなど、コンサルタント的な役割も担っております。

詳しくは光ビームプラットフォームのWebサイトをご確認ください。
光ビームプラットフォーム

実験に関すること等、お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © Materials Chemistry Group / KEK-PF All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.