研究

物質化学グループが関連する大型研究プロジェクト等

物質化学グループメンバーが関連する科研費研究等

  • 科研費(基盤研究C)溶解・析出を伴う金属/水溶液界面反応における「反応トリガー」可視化(代表者:木村正雄)~2018.03
  • 科研費(若手研究C)オペランドX線顕微分光による電気化学発光セルのイオンダイナミクスの解明(代表者:武市泰男)~2017.03
  • 科研費 KK-XAFSの高度化による構造材料の表面腐食過程の理解と耐腐食性材料への展開(代表者:阿部仁)~2020.03
  • 科研費 「XAFSによる食品科学」の開拓へ向けたCaの化学状態分析と骨粗鬆症対策への展開(代表者:阿部仁)~2019.03
  • 科研費(基盤研究A)放射線によるナノ粒子材料創成のその場観察と機能材料の実用化(代表者:山本孝夫、分担者:仁谷浩明他)~2020.03
  • 科研費(挑戦的萌芽研究)地球温暖化精密予測に向けた高分解能X線顕微鏡によるエアロゾル中の吸湿性化学種同定(代表者:高橋嘉夫、分担者:仁谷浩明他)~2016.03
  • 科研費(挑戦的萌芽研究)放射光によるマイクロ空間反応場のその場解析(代表者:大柳宏之、分担者:仁谷浩明他)~2016.03
  • 科研費(若手研究B)表面敏感なリアルタイム反応追跡法の開発による触媒表面の観察と反応機構の解明(代表者:阿部仁)~2014.03
  • 科研費(基盤研究A)白金を含む多元金属ナノ粒子の内部構造と触媒活性の関係の研究(代表者:山本孝夫、分担者:仁谷浩明他)~2014.03
  • 科研費 雰囲気制御時間分解表面内殻分光法の開発と動的表面プロセスへの展開(代表者:近藤寛、分担者:阿部仁)~2011.03
  • 科研費 磁性薄膜のスピン再配列転移の動的過程の追跡とその機構の3次元的解明~2007

物質化学グループメンバーが関連する放射光共同利用課題

  • 2016S2-001 多次元マルチスケール計測による航空機用構造材料の耐熱性・耐環境性向上のための材料へテロ構造因子の解明(代表者:木村正雄)~2019.03
  • 2016S2-002 STXM炭素学: 局所化学種解析による有機物の進化と機能の解明(代表者:高橋嘉夫)~2019.03
  • 2016S2-004 元素戦略、ACCELプロジェクトにおける放射光利用研究:新電子材料、新触媒の機能性発現機構の解明(代表者:山浦淳一)~2018.03
  • 2015S2-002 航空機用構造材料の耐熱性・耐環境性向上のための材料へテロ構造因子解明(代表者:木村正雄)~2016.03
  • 2013S2-002 元素戦略プロジェクト・電子材料領域における放射光利用研究:軽元素アニオン系における機能発現機構の解明(代表者:村上洋一)~2016.03
  • 2013S2-003 走査型透過X線顕微鏡(STXM)を用いたサステナブル科学の推進(代表者:高橋嘉夫)~2016.03

民間共同研究(2009~)

  • 株式会社日立製作所
  • JXエネルギー株式会社
  • 神津精機株式会社
  • 富士フイルム株式会社
  • 新日鐵住金株式会社
  • 株式会社東レリサーチセンター
  • 株式会社太平洋コンサルタント
  • 三菱重工業株式会社
  • 日本電気株式会社
  • 日揮ユニバーサル株式会社
  • 株式会社三井化学分析センター
  • 株式会社INAX(現 株式会社LIXIL)

その他メンバーの個人研究等

  • 編集中・・・
PAGETOP
Copyright © Materials Chemistry Group / KEK-PF All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.