代行測定について

  • HOME »
  • 代行測定について

硬X線XAFSビームラインでは2018年11月より代行測定制度を利用できます。本制度は、ユーザーへの利便性を提供すると共に、最近の短い運転時間に対して透過法のような定型的な測定について運用をまとめることでビームタイムの有効利用をはかるものです。
これまで運用していた「一般施設利用」制度に「代行測定」オプションを付加するという形での運用となります。
利用対象者は、民間企業・大学・国研等、所属を問いません(料金は同一です)。
詳細につきましては下記の案内をご覧下さい。測定代行制度に関するお問い合わせおよびお申し込みの相談はビームライン担当者もしくは産業利用担当者にご連絡ください。

対象ビームライン・測定手法

  • PF BL-12C
  • 透過法限定(QuickScanを基本とします)
  • 対応エネルギー範囲:4~22keV
    (K吸収端:Ca~Mo、L吸収端:Sn~)
  • 測定パラメータは事前に相談

受け入れ可能試料

  • 透過法で測定可能な状態の試料をKEKに送付
    試料の返却は宅配便(原則着払い)です
  • 試料の調製は利用者の責任によって行って下さい(本代行測定制度はXAFS実験の経験者を対象にしていますので、試料の調製に関する質問にはお答えできません)
    ※施設側では試料の再調製などは行いません
  • 容易にビームラインに設置できない試料は不可
    ペレットや薄片を推奨します(ポリ袋封入やスライドマウントに固定してあると破損しにくいです)
  • 毒物・劇物は測定可能ですが事前にご相談ください
    核燃料物質・RIについては測定できません

測定可能試料数

  • ビームタイムは1時間単位での利用申請となります
  • ビームタイムのうち光学系調整等に必要な時間(10分程度)を除いた時間が測定に利用可能な時間です
  • 標準的なパラメータの場合、測定に必要な時間は
    QuickScan:5分程度(StepScan:20分程度です)
  • 測定の個数や順番(優先順位)については事前に担当者と相談

利用料金

  • 77,300円/時間 (KEKの「放射光科学研究施設利用要項」別表 に基づきます)
    (施設利用料金:27,300円/時間+代行測定オプション:50,000円/時間)
  • 申し込みは1時間単位となります

測定のタイミングについて

  • 各運転期間の特定日に一定時間を測定代行の時間として確保しています(下記項目参照)
  • 先着順で受け付け、確保時間をオーバーした場合は次期の運転への案内となります
    (申込時にすでにビームタイムが過ぎていた場合も同様)
  • 事務手続きの関係上、測定日の2週間前までに利用希望の連絡をして下さい

次回代行測定測定日

下記測定日までに申し込みが完了した利用申請についてはまとめて測定を行います
※ビームラインの運用状況により変更になる場合があります

  • 2018年12月5日(受け入れ可能:合計6時間程度)
  • 2019年2月(詳細調整中)
  • 2019年3月(詳細調整中)

利用希望の連絡先・お問い合わせ

下記窓口のいずれかにご連絡ください

  • 産業利用担当者(君島)
  • ビームライン担当者(木村、阿部、仁谷、武市、丹羽)
  • このWebサイトのお問い合わせフォーム

実験に関すること等、お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © Materials Chemistry Group / KEK-PF All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.